スポンサーリンク

[超簡単!?]足が短い人のコーディネートで気をつけるべきポイント

スタイルが悪い人向け
  • 足が短いけどオシャレに見られたい!
  • 足が短い人はどんなコーディネートをするべき?
  • 足を長く見せるコツがあれば知りたい!

足が短いと中々オシャレに
見せることが難しいです。

しかし、ちょっとしたポイントを抑えるだけで

  • 足が短く見えない
  • オシャレに見える

良い印象を与えることができるようになります。

私自身、スタイルが悪いですが
現役でアパレル販売員をしています。

スタイルが悪くてもオシャレに
見せるコツを熟知しています。

記事の内容

  • 足の短い人が気をつけるポイント
  • 足を長く見せる簡単なコツ
  • 足が短い人のオススメシルエット
  • 足が短い人のオススメコーディネート
うり
うり
詳しく解説してますので
ぜひ参考にしてみてください
スポンサーリンク

足の短い人が気をつけるポイント

アイテム別に気をつける
ポイントを解説していきます。

トップス

POINT

  • 適切な着丈を選ぶ
  • 過度なオーバーサイズは避ける

適切な着丈を選ぶ

足が短い人にとって着丈は非常に重要です。

適切な着丈は

太ももの付け根ぐらいの長さです。

人によって差はありますが、
この基準で着丈を意識しましょう。

着丈が長すぎると

足の見える部分が狭くなり、
スタイルが悪く見える

一方で、着丈が短すぎると

  • コーディネートのバランスが悪くなる
  • 足の長さがモロに分かる

適切な着丈を選ばないとスタイルが
悪く見える原因になるので注意が必要です。

過度なオーバーサイズは避ける

オーバーサイズのトップスは目線を集めること
ができるので足の短い人にメリットがあります。

しかし、過度なオーバーサイズには
注意が必要です。

過度なオーバーサイズを選ぶと

  • 足が短くスタイルが悪く見える
  • コーディネートのバランスが悪くなる
  • だらしない印象を与えてしまう

オーバーサイズを選ぶことは良いことですが、適度なサイズ感を選びましょう。

選びたいアイテム

  • 元々の作りがオーバーサイズのアイテム
  • 身幅・肩幅だけが大きく作られたアイテム
うり
うり
こういったアイテムを毎サイズで着用すれば、適度なオーバーサイズになります

パンツ

POINT

  • できるだけ細いシルエットを選ぶ
  • 丈の長さには注意する

できるだけ細いシルエットを選ぶ

細いシルエットのパンツは
脚長効果が見込めるシルエットです。

つまり、足の短い人に
もってこいのシルエットということです!

ただし、細ければ細いほど
良いというわけではありません。

「できるだけ」細いパンツを選ぶこと

この「できるだけ」は
自身の足に合った細さということです。

細すぎるパンツを選んで、
タイツのようになってしまう

それはスタイルが良く見えても
オシャレとはほど遠いです。

ほんの少しゆとりのある細いシルエット

うり
うり
これがオシャレかつ
スタイル良く見えるパンツです

丈の長さには注意する

パンツの丈の長さは足が短い長いに関わらず、
気をつけるべきポイントです。

パンツの丈の長さに気を遣えない人は
オシャレに見えません!

「シューズに被るぐらい」~「くるぶしの半分」

が適切な丈の長さです。

適切な丈にすると

  • オシャレに気を遣っている印象を与える
  • ダラスなく見えずスマートな印象に
  • スタイルが悪く見えない

一方で、丈の長さが長すぎると
非常にスタイルが悪く見えます。

写真のようにパンツの丈が長いと
以下のことが起こります。

  • 足元にクッションができる
  • 変なシワが生まれる

これらは足が短く見える、
スタイルが悪く見える大きな原因になります。

パンツの丈の長さは
お直し屋さんで直すことができます。

丈が長いようであれば、
必ずお直しするようにしましょう!!

うり
うり
また別記事にて足が短い人のパンツの選び方を解説しています

アパレル販売員が教える足が短い人のパンツ選び

シューズ

POINT

  • ソールの高いシューズを選ぶ
  • 厚底のインソールを入れる

ソールの高いシューズを選ぶ

ソールの高いシューズを履くと

ソールの高さ+足の長さ

になるため足が長く、身長が高く見えます。

ソールが高いシューズの特徴

  • スポーティーなデザイン
  • 派手なカラーリング
  • 奇抜なデザイン

個性的、独特なアイテムが多くあります。

ソールが高いという理由だけで選ぶのではなく、

  • 自分のファッションに合っているか
  • 使い回ししやすいデザインか

こういったポイントにも注意しながら選ぶと
より良いシューズ選びができます。

厚底のインソールを入れる

革靴やソールの低いスニーカーを履きたい人は

厚底のインソールを忍ばせるのがオススメです。

インソールの高さ+足の長さ

で身長が高く、足も長く見えます。

厚底インソールはかなり安い価格で
購入できるため、気軽に試すことができます。

注意点

ソールの高いシューズ+厚底インソール

はやめておきましょう!!

うり
うり
あまりにも身長を盛りすぎると、
違和感が生まれます
  • ソールの高いシューズ
  • 厚底インソール

欲張らずにどちらか1つだけにしておきましょう。

スポンサーリンク

足を長く見せる簡単なコツ

スタイル良く、足を長く見せる
簡単なコツを解説していきます。

POINT

  • くるぶしを見せる
  • パンツと靴下の色を同系色に
  • 腰の位置をごまかす

くるぶしを見せる

うり
うり
街中で、くるぶしを見せている人を
よく見かけませんか?

よく見かけるのは

脚長効果でスタイル良く見せること
ができるからです。

くるぶしを見せる方法

  • くるぶし丈のパンツを選ぶ
  • 裾をロールアップする

ただ、このコツは暖かい季節限定です。

寒い季節にくるぶしを見せると
季節感が無く、くるぶしの部分が寒いです。

パンツと靴下の色を同系色に

パンツと同系色の靴下を合わせると

パンツ+靴下の長さ=足の長さ

足の長さが靴下の分長く
見えるようになります。

注意点として

同系色の靴下であっても肌が見えない長さ
を必ず着用するようにしてください。

パンツと靴下の間に肌が見えてしまうと、

  • オシャレに見えない
  • 足が短く見える

このようなマイナスの印象を与えてしまいます。

うり
うり
必ず肌が見えない長さの
靴下を選びましょう

腰の位置をごまかす

腰の位置をごまかすことで
実際の足の長さをごまかせます。

腰の位置をごまかすテクニック

  • タックインをする
  • 少し着丈長めのトップス

タックインをする

タックインをすることで

本来の腰の位置よりも
上に見せることができます。

腰の位置が上に見えることで
足が非常に長く見えるようになります。

インナーをタックイン+シャツ等を羽織る

うり
うり
タックインに抵抗がある人は
これがオススメです

タックインの後ろ部分が見えないので、
タックインに自信がない人でも簡単にできます。

少し着丈長めのトップス

少し長めの着丈にすることで

  • 腰の位置を隠せる
  • 縦長効果が見込める

注意点として着丈が長すぎるのはダメです。

うり
うり
「いつもより少し」
長めの着丈にしましょう

長すぎる着丈は逆に

  • だらしなく見える
  • 足が短く見える

スタイルを悪く見せる原因になります。

スポンサーリンク

足が短い人のオススメシルエット

足が短い人にオススメの
シルエットはこの2つです。

  • Iシルエット
  • Yシルエット

Iシルエット

バランスの良いシルエット

特徴

  • コーディネートのバランスが良い
  • 足に目が行きづらい
  • 簡単にできるシルエット

Yシルエット

トップスにボリュームのあるシルエット

特徴

  • トップスに目が行きやすい
  • 足が長く細く見える
  • トレンド感のあるシルエット
スポンサーリンク

足が短い人のオススメコーディネート

シャツ+スラックス

アイテム選びのポイントを抑えたコーディネート

POINT

  • 長すぎない着丈
  • できるだけ細めのシルエット
  • ソールの高いシューズ
うり
うり
落ち着いた色味で
統一しているのもポイントです

Tシャツ+スラックス

小物を工夫したコーディネート

POINT

  • ゆったりしたトップスのYシルエット
  • アクセサリーで首元にアクセント
  • 靴下とパンツを同系色に

パンツと靴下を同系色にすることで脚長効果を。

うり
うり
ネックレスのアクセントが
トップスに目線を集める効果も!

シャツ+Tシャツ+スラックス

タックインで腰の位置を高くしたコーディネート

POINT

  • タックインで腰の位置が上に見える
  • インナーのタックインで挑戦しやすい
  • ソールの高いシューズ
うり
うり
タックインが苦手な人に
ぜひとも真似して欲しいです

着丈が少し長いシャツ+フレアパンツ

フレアパンツを使用した脚長コーディネート

フレアパンツとは

裾が広がっているパンツのこと
脚長効果が見込めます。

フレアパンツは足を長く見せれるので、
ぜひ挑戦してみて欲しいパンツです。

POINT

  • 少し長めの着丈で腰の位置をごまかす
  • フレアパンツで脚長効果
  • ソールの高いシューズ

着丈が少し長いシャツ+カーゴパンツ

サイドのスリットでスタイルアップしたコーディネート

POINT

  • 少し長めの着丈で腰の位置をごまかす
  • サイドのスリットでスタイルアップ
  • できるだけ細めのシルエット

正面から見るとそんなに
スタイルよく見えませんが、

横から見るとスリットがあるので
スタイル良く見えます。

スポンサーリンク

足が短い人のコーディネートまとめ

いかがだったでしょうか?

トップス

  • 適切な着丈を選ぶ
  • 過度なオーバーサイズは避ける
パンツ

  • できるだけ細いシルエットを選ぶ
  • 丈の長さには注意する
シューズ

  • ソールの高いシューズを選ぶ
  • 厚底のインソールを入れる

足が短い人はアイテムごとに
このポイントを抑えましょう。

ちょっとした工夫

  • くるぶしを見せる
  • パンツと靴下の色を同じ色に
  • 腰の位置をごまかす

また、+αでちょっとした工夫も
チャレンジして欲しいです。

簡単に脚長効果やスタイルアップに繋がります。

うり
うり
オススメのシルエットやコーディネートも
ぜひ参考にしてみてください

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました