スポンサーリンク

[必要?不必要?]高い服の必要性を現役のアパレル販売員がお答えします

ファッションの基礎
  • 高い服は無理して買った方がいい?
  • 高い服なんて買う必要はない!
  • 高い服を買ってみたいが勇気が出ない

この記事では「高い服は必要か」について現役の
アパレル販売員が解説する記事となっています。

実際に皆さんが思うことは、
「高い服なんて買う必要性ないだろう」
と思っている人がほとんどだと思います。

結論から言うと、

無理してたくさん買う必要性はないです。
しかし、数着持っていると重宝する場面が多々あります。

うり
うり
以下の内容から高い服についての
みなさんの疑問に答えていきます!!
記事の内容

  • 高い服は無理して買う必要はない
  • 高い服のメリット・デメリット
  • 失敗しづらい高い服の選び方
スポンサーリンク

高い服は無理して買う必要はない

冒頭でも述べましたが、
「高い服をたくさん買う必要はありません」

しかし、高い服すなわち「良い服」を
数着持っておくことを強くオススメします。

理由としては

「良い印象を与えたい場面に必要だから」です。

例えば…

  • 彼女の親と顔合わせ
  • 好きな人とのデート
  • 取引先の人への初めての挨拶

こういった好印象を与えたい場面で
シワシワ、ペラペラの服を着用してしまうとあまり良い印象は得られません。

人間は視覚から得た情報が印象の9割を決める
と言われているからです。

高い服の特徴

  • 高級感のある生地
  • しっかりとした縫製
  • キレイなシルエット

見栄えが良い高い服を着用することで間違いなく、安い服よりも良い印象を与えることができます。

高い服が無理して買う必要はありませんが、
「良い印象を与えたい勝負服」になるので持っておいて損はしません。

スポンサーリンク

高い服のメリット・デメリット

高い服のメリット

  • 長く着用できる
  • ファッションに個性が生まれる
  • 自分に自信が出てくる
  • 2次市場でも価値がある

長く着用できる

高い服はケアすれば長く着用できます。

素材や縫製にコストをしっかりとかけているので
正しい方法でケアすれば何年も良い状態で着用できます。

「良い物を長く着る」は今の時代にも合っていますし、愛着が湧いて特別感も生まれてきます

ファッションに個性が生まれる

高い服は簡単にコーディネートに
「個性」や「独自性」を与えてくれます。

高い服は明確なブランド背景、ストーリーがあります。

ブランドらしいデザイン質の高い生地のアイテムが多いので着るだけで個性的、独自性のあるコーディネートになります。

自分に自信が生まれる

身だしなみにお金をかけることで
自分に自信が必然的に生まれてきます。

例えばですが、

1着3,000円の服or1着20,000円の服

どっちを着ている方が自分に自信を持つことができますか?

絶対に1着20,000円の服だと思います。

高い服を着る時ってワクワクするし、自然と背筋が伸びます。こういった高揚感が安い服ではほとんどありません。

うり
うり
オシャレな印象を与えるために
「自信を持つこと」は非常に大切ですよ

2次市場でも価値がある

高い服はブランド価値も高いため、
2次流通での価値が高いです。

質が良く、長く着用することができるので数年着用した服でも価値があるため、値段がつきやすいです。

最近ではフリマアプリが普及してきて個人で
簡単に出品して販売することができます。

新しい服を購入する資金になり、捨てるという選択肢がないため、高い服は環境面でも良いと言えます。

うり
うり
私自身も使わなくなった服が10000円で売れたりしています

フリマアプリで取引するのは面倒くさいなんて人には「宅配買取」なんてサービスがありますよ!

宅配買取の申し込みはこちらから↓


デメリット

  • 多くは購入できない
  • ケアをする必要がある

多くは購入できない

価格が高いのであれもこれもと購入はできません。

  • 自分の持っている服に合うか
  • どれぐらいの期間使えるか

などをよく考え、購入に至るのが高い服です。

高い服は完全に「嗜好品」なので
無理のない程度で買うのが良いです。

うり
うり
私はアパレル販売員なので頻繁に購入しますが、本当にお金が貯まらず減る一方です

ケアをする必要がある

高い服も適当に扱えば長くは使えません。

長く使うためには

高い服のケア

  • 組成表示に従った取り扱い
  • 毎日着用しない
  • 定期的なクリーニング

気を遣った取り扱い、ケアをして
初めて高い服も長く着ることができます。

こういったケアや取り扱いをしなければならないからこそ愛着が湧いてくるとも言えますね。

スポンサーリンク

失敗しづらい高い服の選び方

ここまで読んで頂いて、高い服を購入してみようかなと思った人がいてくれたら嬉しいです。

そんな方のために、失敗しにくい
高い服の選び方をご紹介します。

POINT

  • セール品を狙う
  • 通年使えるアイテムを選ぶ
  • コーディネートの主役になるアウター

セール品を狙う

「そんなに服にお金はかけられない」
って人にはセール品がオススメです。

質の良いアイテムを少しですが安く購入できるので、初めて「高価な良いブランド」を買おうと思う人にオススメです。

アウトレットのセール品はダメです!
アウトレット用に作っている質の低いアイテムもありますから。

アパレル販売員をしている経験上、セールは
「始まってすぐに」行くのがオススメです。

セール終盤は値引きの%が高くなりますが、
「売れ残り」の人気のないアイテムばかりです。

うり
うり
セール序盤は人気のアイテムも残っているので色・サイズ欠けする前に足を運ぶのをオススメします!

通年使えるアイテムを選ぶ

せっかく高い服を購入しても、「季節が変わったら着れなくなる」のは購入したのにもったいない気がしますよね。

通年使えるアイテム

  • デニム
  • コットンのシャツ
  • コットンのパンツ
  • 革靴やスニーカー

こういた着回しがしやすく、季節を気にせず使えるアイテムを選べば、「季節が変わって着られない」と言うことは起こりづらいです。

コーディネートの主役になるアウター

通年使えるアイテムではないですが
アウターもオススメです。

価格は非常に高く出番は少ないですが、
コーディネートの主役になるアウターは

アウターだけが高価なアイテムでも
コーディネートを格上げしてくれます。

他のアイテムが安くても、
誤魔化してくれるぐらいには効果があります。

うり
うり
真冬のアウターは非常に高価なので、春と秋に使用できるライトアウターが個人的にはオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました