スポンサーリンク

[簡単にオシャレになれる!?]肩幅の広い男性が秋に意識するべきポイント

スタイルが悪い人向け

夏も終わり、ファッションが楽しめる
季節「秋」になりました。

  • 肩幅が広くてファッションが楽しくない
  • 秋服は何を着ても肩幅が目立ってしまう
  • 肩幅が広いけど秋服を目一杯楽しみたい!

こんな方向けにこの記事では秋のファッション
で意識するべきポイントを解説します。

結論から言うと、肩幅の広い人が
意識するべきポイントは以下の3つです。

POINT

  • 「+1枚」のアウターを意識する
  • 細すぎないパンツを選ぶ
  • 暖色を取り入れる

スタイルが悪いアパレル販売員の私が
実際に意識しているポイントです。

うり
うり
簡単に実践できるので
ぜひ最後までお付き合いください!!

記事の内容

  • 肩幅の広い人が秋に意識するべきポイント
  • 肩幅の広い人が似合う秋アイテム
  • 肩幅が広い人のオススメ秋コーディネート

肩幅の広い人が秋に意識するべきポイント

「+1枚」のアウターを意識する

トップス1枚だけではなく
「+1枚」のアウターを羽織るようにしましょう。

アウターを着ると肩幅が広く見えると思ってしまいますが誰がアウターを着ても肩幅は広く見えるんです。

つまり、「スタイルが悪く肩幅が広い」のではなく、
「アウターを着ているから肩幅が広く見える」と思わせることができます。

オススメの羽織

  • シャツ
  • ブルゾン
  • コート

9月はまだ暑さが少し残っているので
シャツを羽織るのも良いです◎

トップス1枚よりもアウターを羽織ることで
秋らしさやコーディネートの幅が増えます。

また、アウターではありませんが、
ベストも非常に良いアイテムです。

とにかく、トップス1枚でシンプルな
コーディネートはやめましょう。

うり
うり
トップスに「+1枚」してレイヤード
(重ね着)を楽しむことが大切です

細すぎないパンツを選ぶ

肩幅の広い人は細すぎないパンツを
選ぶと肩幅が目立ちにくくなります。

気温が下がってくると、
トップスにボリュームが出てきます。

なので、ゆとりがあるパンツを選ぶことで
上半身のボリューム感を抑えることができます。

オススメのパンツ

  • ワイドパンツ
  • ワイドテーパードパンツ
  • ストレートパンツ

逆に、細いパンツを選んでしまうと、上半身のボリューム感がより目立ってしまうので気をつけましょう。

[実は超重要!?]肩幅の広い人がパンツ選びで注意するポイント解説

404 NOT FOUND | うりぶろぐ
スタイルに悩んでいる男性のためのファッションブログ

暖色を取り入れる

POINT

  • 秋らしい季節感を与える
  • 柔らかい印象を与える
  • 季節感がありオシャレに見られる

季節感がある色は自然とオシャレな印象を与えます。

また、肩幅の広さは「怖いイメージ」を与えてしまうので暖色の柔らかさで軽減ができます。

オススメの暖色

  • ベージュ
  • ブラウン
  • 黄色
  • 赤色
うり
うり
個人的にベージュとブラウンが
取り入れやすいのでもっとオススメです

知っておきたい色が与える印象と視覚効果

[アパレル販売員が教える!]知っておきたい色が与える印象と視覚効果
色で印象操作をしたい方は必見!!この記事では色が人に与える印象・視覚効果について解説しています。色が与える印象は初対面であれば8割を占めると言われています。この記事を読めば、TPOに応じてコーディネートにどんな色を使えば良いか、着痩せ・着太りする色について知ることができます。

肩幅の広い人が似合う秋アイテム

ロングコート

ロングコートは肩幅の広さを軽減してくれます。

着丈が長いと縦のラインを強調してくれるからです。

POINT

  • 清潔感のある印象
  • 秋らしい季節感

オシャレな印象を与えやすいですし、
女性ウケも良いアイテムです◎

うり
うり
ロングコートをまだ持っていない
方はかなりオススメです

ジャケット

肩幅の広い人が似合う定番アイテムです。

肩幅がしっかりしていると生地がストンと落ちて
キレイなシルエットが生まれるからです。

個人的なオススメは
少しゆとりのあるジャケットです。

ピッタリとしたテーラードジャケットももちろんかっこいいですが、程よくゆるいジャケットはオシャレかつ柔らかい印象を与えます。

うり
うり
フォーマルなシーンに使えるジャケットは1着あるとかなり役立ちますよ

ベスト

意外かもしれないですが、
ベストは肩幅を狭く見せてくれます。

ベストは肩幅が狭く作られているため、
肩幅を狭く見える視覚効果があります。

うり
うり
シャツに合わせて良し、ロンTに
合わせても良しと便利なアイテムです

ワイドパンツ

ワイドパンツは肩幅を目立ちにくくしてくれます。

太いパンツを履くことで自然と
Iシルエットのコーディネートになるからです。

うり
うり
太いパンツに抵抗がある人も多いと思います。昔の私もそうでした。

しかし、ワイドパンツに挑戦してみると
細いパンツが履けなくなってしまいました。

ワイドパンツのメリット

  • パンツ1つで雰囲気のある印象に
  • ゆとりがあるので非常に動きやすい
  • スタイルをカバーできる

ワイドパンツを持っていな人のためにオススメのワイドパンツをいくつか紹介しておきます。

SENSE OF PLACE ダブルタックワイドスラックス

肩幅が広い人のオススメ秋コーディネート

セットアップ

肩幅が広い人が似合うジャケットをセットアップで。

うり
うり
セットアップはバチっと決まって
男らしいコーディネートになります

ジャケット+ワイドパンツ

肩幅の広い人が似合う
アイテムだけのコーディネート。

セットアップにはないカジュアルさが◎

インナーのチェックシャツが差し色で秋らしさも。

ユーティリティベスト+シャツ+スラックス

シャツ+スラックスのシンプルかつキレイな
コーディネートのアクセントにベストを。

うり
うり
ベスト1つでキレイすぎない
絶妙なコーディネートに!

ニットベスト+シャツ+ワイドパンツ

ニットベストで肩幅をカバーしつつ、
着丈の長いシャツで縦のラインも強調。

うり
うり
パンツもワイドパンツで
スタイルカバーに抜かりないです

ロングコート+Tシャツ+スラックス

ロングコートにTシャツで
かっちりしすぎない印象に。

うり
うり
半袖のTシャツにすることで少し暑い時期でも快適にロングコートが着れます

ロングコート+シャツ+スラックス

ロングコートにシャツでクラシックに

うり
うり
キレイめな合わせが好きな人は
インナーはシャツがオススメです

肩幅の広い男性が秋に意識するべきポイントまとめ

いかがだったでしょうか?

肩幅の広い男性が秋に
意識するべきポイントは以下の3つです。

POINT

  • 「+1枚」のアウターを意識する
  • 細すぎないパンツを選ぶ
  • 暖色を取り入れる

このポイントを抑えておけば今よりも
ファッションを楽しめること間違いなしです。

また、肩幅の広い人が
似合うアイテムも抑えておきましょう。

似合うアイテム

  • ロングコート
  • ジャケット
  • ベスト
  • ワイドパンツ
うり
うり
私が実際にしている
コーディネートもぜひ参考にしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました