スポンサーリンク

[超簡単!?]肩幅の広い男性が夏のファッションで意識するべきポイント

スタイルが悪い人向け
  • 肩幅が広くてオシャレが楽しめない
  • 肩幅の広い人が似合う夏アイテムを知りたい!
  • 肩幅のせいで夏のファッションに困っている

夏のファッションは着る服が少なく、
シンプルになりがちです。

シンプルなファッションは

スタイルが良いほどオシャレに見られ、
悪いほど見られずらくなります。

つまり、肩幅の広い人は肩を目立たせない
ような工夫が必要になってきます。

私は肩幅が広くスタイルが悪いですが、
アパレル販売員をしています。

肩幅を目立たせず、オシャレな印象を与える
コツ・ポイントを熟知しています。

記事の内容

  • 肩幅の広い人が夏に意識するべきポイント
  • 肩幅の広い人が似合う夏アイテム
  • 肩幅が広い人のオススメ夏コーディネート
うり
うり
この記事を読めば、肩幅の広い人も夏の
ファッションを楽しめます!!
スポンサーリンク

肩幅の広い人が夏に意識するべきポイント

肩幅の広い男性が夏のファッションで
意識しておきたいポイントは以下の3つです。

POINT

  • トップスはゆったりしたサイズ感を意識
  • 細すぎないパンツを選ぶ
  • アクセサリーを取り入れる
うり
うり
1つずつ詳しく解説していきます

トップスはゆったりしたサイズ感を意識

トップスはゆったりしたものを選びましょう。

夏に限らず、肩幅の広い人は
ゆとりのあるトップスを着る必要があります。

メリット

  • キレイなシルエットで着用できる
  • 肩幅が悪目立ちしにくくなる
  • ゆとりがあって動きやすい

ゆったりしたトップスを選ぶことで
得られるメリットは大きいです。

しかし、ジャストサイズを選んでしまうと、

  • 肩幅のラインがわかってしまう
  • シルエットのバランスが悪くなる
  • 窮屈感がある
うり
うり
このようなオシャレに見られづらい
印象を与えてしまいます

また、ゆったりしたトップスは、

風通しがよくジャストサイズよりも
夏場は快適に過ごすことができます。

注意点

ゆったりとしたサイズ感はいいのですが、
過度なオーバーサイズは避けるのが無難です。

過度なオーバーサイズは
体のラインこそわかりづらいですが、

  • だらしない印象を与えてしまう
  • コーディネートのバランスが損なわれる

こういったデメリットが付いてきます。

程よくゆったりとしたサイズのトップス

を肩幅が広い人は選ぶようにしましょう。

詳しい記事はこちら↓
「注意することはたった3つ」肩幅の広い人がトップスで意識するべきポイント

細すぎないパンツを選ぶ

肩幅の広いはパンツも意識する必要があります。

細すぎないシルエットのパンツを選ぶ

これがパンツで意識するべきポイントです。

ゆったりしたトップスに対して、
細いパンツを選ぶとトップスが大きく見えます。

つまり、肩幅が目立つ原因になります。

細すぎないパンツ

  • ワイドパンツ
  • セミワイドパンツ
  • ゆったり目のテーパードパンツ

これらのパンツを選ぶとトップスが
目立ちにくいので意識的に選んでいきたいです。

また、太めのシルエットはゆとりがあるので
暑い夏にありがたいメリットもあります。

メリット

  • 汗が生地に付きにくい
  • 通気性が高い

アクセサリーを取り入れる

夏は服装がシンプルになりがちなのでアクセント
としてアクセサリーを取り入れましょう。

  • オシャレな印象を与える
  • ファッションに気を遣っている
  • 安い服でも高見えする

アクセサリーをつけると良い
印象を与えることができます。

さらに肩幅の広い人は、

アクセサリーに目線を集めることができます。

アクセサリーに目線を集めることができるので、
自然と肩幅に注目が集まらないということです。

オススメのアクセサリー

  • リング
  • ブレスレット

手や腕周りのアクセサリーが取り入れやすく、
肩から遠い位置にあるので目立ちにくいです。

アクセサリーのオススメ記事はこちらから↓
[メンズも取り入れたい]販売員が教えるオススメアクセサリー7選

スポンサーリンク

肩幅の広い人が似合う夏アイテム

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツは
肩幅の広い人が似合うアイテムです!

肩幅が狭い人よりも広い人の方が似合います。

メリット

  • 肩幅のラインが目立たない
  • 襟元が広いので首が長く見える

アロハでも無地でもどちらでも
格好よく着ることができます。

うり
うり
古着屋やセレクトショップにあるので
好きなデザインなを選んでみてください

ベスト

実はベストって肩幅を少し狭く
見せることができるアイテムです。

肩幅より狭く作られているベストは
肩幅が収縮して見える視覚効果があります。

さらに、ほかのメリットも多くあります。

メリット

  • レイヤードを楽しめる
  • オシャレに見られやすい
  • コーディネートのアクセントになる

しかし、レイヤードするアイテムなので、

暑いのを我慢する必要がある

という点には注意しておきましょう。

うり
うり
オシャレの我慢はできる!という方は
ぜひベストに挑戦してみてください

注意点

オーバーサイズのベストを選んでしまうと
逆に肩幅が広く見える可能性があります。

なので、自分の肩幅よりも狭い肩幅の
ベストを選ぶようにしておきましょう。

ワイドパンツ

ワイドパンツはトップスへの
視線を軽減してくれます。

ゆるいトップスにゆるいパンツを合わせると

  • ゆったりしたIシルエット
  • Aシルエット

肩幅が広いというコンプレックスを
カバーしてくれるシルエットになります。

一方で、細いパンツを合わせると

足が細長くみえますが、
トップスに目線が集まるYシルエット

になってしまいます。

パンツもゆったりしたシルエットにすることで
多くのメリットを得ることができます。

メリット

  • コーディネートのバランス◎
  • トップスへの視線を減らす
  • ボディラインが分からない

[プロが教える]メンズファッションの基本3シルエットを解説

スポンサーリンク

肩幅が広い人のオススメ夏コーディネート

アロハシャツ+ワイドパンツ

肩幅の広い人が似合うアイテム
を使ったコーディネート

ゆったりとしたIシルエットで
ボディラインがわかりづらいです。

うり
うり
スタイルカバーしつつ
今っぽい雰囲気に仕上がっています

オープンカラーシャツ+ワイドパンツ

清涼感のある色使いでまとめたコーディネート

肩幅の広い人が似合うアイテムを
使いつつ夏らしさのある色使い。

うり
うり
スタイルカバーしつつ、
清潔感のある印象を与えます

Tシャツ+ベスト+ワイドパンツ

ベストを使い肩幅を狭く見せるコーディネート

ベースカラーのホワイトに
アクセントとしてブルーのベストを。

うり
うり
シンプルなコーディネートに
ベストがいいアクセントになります

Tシャツ+セミワイドパンツ

ゆるいカジュアルコーディネート

夏に着たいゆったりしたTシャツを
セミワイドパンツでIシルエットに。

Iシルエットにすることで、
トップスへの視線を軽減できます。

Tシャツ+シャツ+ショーツ

夏らしいショーツを使った
キレイ目なコーディネート

カジュアル要素の強いショーツを
シャツでスマートさを。

Tシャツ+ショーツは
トップスに視線が集まりやすいですが、

シャツを羽織ることで
トップスへの視線を軽減してくれます。

シャツ+ショーツ

縦のラインを強調して
スタイルよく見せるコーディネート

長袖のシャツ+ショーツは
縦のラインを強調してくれるので

  • 足が長く見える
  • 肩幅が狭く見せる

といった効果があります。

しかし、真夏に長袖は暑いので
袖まくりがオススメです。

アクセサリーも付けてこなれた印象も◎

スポンサーリンク

肩幅の広い男性が夏ファッションで意識するべきポイントまとめ

いかがだったでしょうか?

POINT

  • トップスはゆったりしたサイズ感を意識
  • 細すぎないパンツを選ぶ
  • アクセサリーを取り入れる

肩幅の広い人は夏にこのポイントを意識して
コーディネートしていくと良いです。

似合うアイテム

  • オープンカラーシャツ
  • ベスト
  • ワイドパンツ

また、この3つのアイテムは肩幅が広い人が
似合うアイテムなのでオススメです。

うり
うり
私のコーディネートも参考
にして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。

肩幅の広いアパレル販売員が教えるコーディネート

コメント

タイトルとURLをコピーしました